一級建築士事務所 カワサキジムショ

"新潟市を中心に活動しております住宅専門の設計事務所です。

古民家に代表される、古くてもデザインや機能に優れた建築を追求しています。

古民家鑑定や古民家改修、耐震診断や改修、有形文化財(建造物)登録などはもちろんの事、古い建築のデザインや機能の優れた点を新築住宅にアレンジしてご提案します。"

外壁横張り、越後杉にこだわる。
地産地消の観点、地域経済の観点ももちろん、新潟で建てる建物には、新潟の環境で育った材料で建てるのが当たり前と考えています。
湿気と塩気の多い新潟では、外壁が板張りが当たり前。
耐久性と断熱性の観点から、そして何より見た目が、横向きに張るのがベストと考えています。
木材に無垢材を使うのは当たり前。
内装の壁には漆喰を塗るか、もしくは紙素材を貼ります。木部塗装も柿渋を使います
日本古来から使われている素材こそ、日本の住環境に、適していると考えています。
本来は日本で培われてきた工法で建物を建てるのが当たり前。
しかし今は伝統構法のみでは、法規的に問題が生じます。
伝統構法の考え方を活かした、建て方をします。
日本古来から使われている素材にこだわる。
日本古来からの構法にこだわる。
省エネルギーにこだわる。
DIYにこだわる。
住宅に愛着を持ってもらいたい。
簡単なメンテナンスは自分で出来る。その2つの観点から、工事中は施主様に、何かしらの工事に関わってもらいます。壁塗りや木部塗装など、比較的簡易なものからお願いしています。
見た目に古い印象を持つ住宅ですが、断熱性を良くするのは当たり前。
出来るだけエネルギーを使わない。暮らし方の提案もします。



 































 



 





























































 
店舗名一級建築士事務所 カワサキジムショ
住所〒950-2102  新潟市西区五十嵐二の町
予約
外壁横張りにこだわる.

越後杉にこだわる。

地産地消の観点、地域経済の観点ももちろん、新潟で建てる建物には、新潟の環境で育った材料で建てるのが当たり前と考えています。

湿気と塩気の多い新潟では、外壁が板張りが当たり前。

耐久性と断熱性の観点から、そして何より見た目が、横向きに張るのがベストと考えています。

木材に無垢材を使うのは当たり前。

内装の壁には漆喰を塗るか、もしくは紙素材を貼ります。木部塗装も柿渋を使います

日本古来から使われている素材こそ、日本の住環境に、適していると考えています。

本来は日本で培われてきた工法で建物を建てるのが当たり前。

しかし今は伝統構法のみでは、法規的に問題が生じます。

伝統構法の考え方を活かした、建て方をします。

日本古来から使われている素材にこだわる。

日本古来からの構法にこだわる。

省エネルギーにこだわる。

DIYにこだわる。

住宅に愛着を持ってもらいたい。

簡単なメンテナンスは自分で出来る。その2つの観点から、工事中は施主様に、何かしらの工事に関わってもらいます。壁塗りや木部塗装など、比較的簡易なものからお願いしています。

見た目に古い印象を持つ住宅ですが、断熱性を良くするのは当たり前。

出来るだけエネルギーを使わない。暮らし方の提案もします。

コメント

この記事へのコメントはありません。